P.メルヘン「ごろにゃん日記」

我が家の6匹+1匹の愛猫日記♪in八ヶ岳
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

ブーレは、一番の甘ったれさん


八ヶ岳の猫ブーレ


わたしは、津吹家の猫たちの間では、最年長さんなんですよ。
お局さんのカノンも、わたしには一目置いてくれています。
でも、kanaちゃんも驚くくらい、わたし、甘えたさんなんです。^^;

自分でも、この歳になってと思うけれど、ベッドの上で、kanaちゃんの
胸の上に乗って、ふみふみしちゃうんです。
kanaちゃんは、「ぶぶは、ホントに、けなげな猫なんだねぇ」と
優しく撫でてくれます。

その後は、kanaちゃんの腕枕で、寝るんです。
kanaちゃんの奥様のつもりでいるジーグも、その様子を見ていても、
決してやきもち焼きません。
実は、ジーグはわたしの子供です。ジーグもわたしのことを母親だと
思ってくれているようです。
なので、kanaちゃんをめぐってライバル関係にあるカノンに対する時とは
全然違うんですよ。
わたしのすることには、とっても寛大なんです。

でも、冬の寒いときには、kanaちゃんのそばを、ふたりで取りっこします
けどね。(*^_^*)

ブーレ | permalink | comments(0) | -

喘息と闘うブーレの凛々しい顔




↑クリックで拡大 別ウィンドウで開きます

このところ、新たな仕事の展開で、すっかりご無沙汰してしまいました。
前回はジーグでしたから、ブーレから再開になります。
ぶぶは、去年あたりから、喘息気味になっているのですが、今年のこの梅雨の
異常ぶりは、やはり悪い影響をもたらしているようで、このところ、毎日、
2,3回ほどゲボゲボッとやっています。
投薬治療を試みたこともあるのですが、とにかく服飲が困難なので、別な策を
思案中です。

でも、この写真、なかなか野性味のある精悍な表情をしていますでしょ?
ぶぶも、女の子なのですが、我が家で最も野生味のある猫です。
長毛で、優雅に見えることもしばしばなのですが、保護した頃は、
この写真のような精悍な顔つきをしていました。
優雅な表情も好きですが、私は、この写真のようなぶぶも大好きです。
「ぶぶ〜、素敵だよ〜! 喘息なんかに負けるんじゃないよ〜」
ブーレ | permalink | comments(2) | -

ぶぶは会話をする猫




↑クリックで拡大 別ウィンドウで開きます

ブーレは、お喋り猫です。何かあると、「にゃっ、うんみゃ、にゃあ〜」と、
いろいろなバージョンでなきます。
この写真を撮る時も、「ぶぶ、もう少し近くにおいで」「うんみゃ」
「そうそう、そこでお座り」「にゃっ〜」「いいこだね、ぶぶは。お話
できるんだね」「う〜んにゃあ」という具合です。

そばに居た母も、「ぶぶは、言葉が分かるんだねぇ。ちゃんと
お話しているんだね」と、びっくり。

「そうだもんね、ぶぶ。いつもkanaちゃんとお話しているんだよね」  
ブーレ | permalink | comments(0) | -

何とか、こんなポーズもできます



↑クリックで拡大 別ウィンドウで開きます

ブーレは、我が家の最年長の猫さんです。推定15歳程度。
だからもうあまり身軽な行動はとれません。ちょっと高い所に
登ろうとしても、しょっちゅう、失敗します。
年を取ると、人間のように、猫も運動神経が悪くなるばかりか、
体も堅くなるようです。
ぶぶにとっては、ご覧の写真のような姿勢を取るのも、そう
簡単ではありません。
なんとか、その姿勢を取っても、キープするのがまた大変です。
体をふらつかせながら、一生懸命、毛づくろいをします。
「ぶぶや、おけけ、きれい、きれいになるね」     

ブーレ | permalink | comments(0) | -

久しぶりに野生的なブーレの表情



↑クリックで拡大 別ウィンドウで開きます

野良猫時代のブーレは、如何にも野性的で精悍な表情をしていました。
それが、長毛の気品と絶妙に溶け合って、魅力的でした。

ところが、保護して家猫となり、わたくしに甘え放題になるにつれて、
その野性味の魅力が薄れてきた感があります。
この感じは、わたくしばかりではなく、Reiもそう言っています。

で、この写真ですが・・・
久しぶりに、野良時代の野生味を感じさせてくれる表情になっています。
これも、EOS kissXという、デジタル一眼レフならばこその写真です。

「ぶぶや〜、かっこいいよ〜!」      
ブーレ | permalink | comments(0) | -

ぶぶには、春は良い季節かな?



↑クリックで拡大 別ウィンドウで開きます

我が家の最年長猫・ブーレは、軽い喘息もち。咳き込んでも、呼吸困難になる
ほどの事はないのですが、それでも、やっぱり、可哀想です。
で、冬は喘息が出やすいようです。この冬は暖冬でしたが、それでも、3日に
1,2回は、発作を起こしていました。
ただ、幸いなことに、1回1分程度で治まります。
薬は貰ってあるのですが、とにかく、ふったんと同じで、実に器用に吐き出して
しまいます。なので、無理にはやっていません。

そんなぶぶですが、このところ、暖冬と言うより、春到来と言った感じの陽気に
なったら、安定してきたようです。この数日は、殆ど起こしていません。
喘息もちのブーレには、春の気温は、有り難いようです。

「ぶぶや、今日も、喘息の発作、出なかったね。よかったね。」   
ブーレ | permalink | comments(0) | -

ぶぶだって、お顔洗うよ〜




↑クリックで拡大 別ウィンドウで開きます

動きのある写真がなかなか撮れないブーレですが、夜、露光量はだいぶ
不足した状態の写真でも、ご覧いただきましょう。
ぶぶだって、こうして、顔を洗うこともあります。
と言うか、けっこう熱心にやっていて、それはいいんですが、困ったことに、
毛づくろいに入って、毛を噛んでむしり取り、それを食べる習性があるのです。

保護したときに、体重の割に、お腹が膨らんでいるので、もしや腹水でも
溜まっているのではないか、FIPではないかと心配になったものです。
でも、検査の結果は陰性、レントゲンで調べても特に異変は無し。

もしかしたら、食べた毛玉が溜まっているのかもしれません。

「ぶぶ、お毛け、食べちゃダメなんだよ〜」     
ブーレ | permalink | comments(2) | -

最年長さん、ブーレは甘ったれ




↑クリックで拡大 別ウィンドウで開きます

昨日の夜、ぶぶは、ずっとわたくしの胸の上に乗っていました。
ベッドに入ると、よくそうするのです。
体調の悪い時に限って添い寝をしてくれるジーグの行動とは、意味が
違います。
ぶぶの場合は、自分自身が甘えたいのです。
我が家の最年長さんですが、長く野良として過ごしていた体験が
未だに尾を引いているのか、とにかく甘えた猫です。
「にゃっ、にゃっ」としょっちゅう声を出してお話もします。

胸の上で暫くくつろぐと、布団の中に入ってきます。
文字通り、腕枕で寝るのですが、その際、ゴロゴロ・・・・・、
大きな音を立てます。部屋の隅にいても、聞こえるほどの
大きな音です。それを暫くというか、そのうち、その音を
子守歌代わりにして、わたくしはいつしか眠りにおちます。
そのあと、いつまで、ゴロゴロ言っているのでしょうか?
いつまでも助けられた恩を忘れないけなげな猫です。

「ぶぶ、こんやもまた、ゴロゴロ言ってくれるのかい?」    
ブーレ | permalink | comments(0) | -

ぶぶ、今朝も指定席確保!





↑クリックで拡大 別ウィンドウで開きます

わたくしが起きて寝室のドアを開け、書斎に入ろうとすると、いつも、慌てて
ぶぶが寝室の奥から走ってきます。
いつものんびりとゆっくりした動作のぶぶですが、こうと思った時は、意外に
素早い行動になります。

で、今朝もわたくしの先回りをして、書斎へ。
運良く、出窓寄りの特等席が空いていたので、すかさず、駈け登りました。
すぐに、ゴホッ、ゴホッが始まりましたが、Reiに首や体をさすってもらって、
大事に至らず、治まりました。

と、今、振り返って見たら、その特等席に座っているのは、カノンです。
ぶぶは、出窓に置いてある籐のバスケットで、熟睡しています。
いつ、交代したのかな?

「ぶぶ〜、カノンちゃんと、交代したの? 今朝は陽が弱いけど、出窓は
あったかいよね」
   
ブーレ | permalink | comments(0) | -

ブーレも、出窓のそばでおネム




↑クリックで拡大 別ウィンドウで開きます

ここ八ヶ岳高原(南麓)は、都会の方が思っていらっしゃるほど、積雪もなければ、
寒くもありません。(もちろん、夜、お日様が隠れた時は別ですが)。
ですから、晴天の日(晴天日数が日本でとりわけ多い場所です)、出窓にいると、
居眠りが出てしまうほど。

それに加えて、今年はご存知のように、暖冬です。お部屋の中はぽかぽか・・・・。
長老のぶぶにとって、たいへん好都合です。
それで、昼間から、zzzzzzzzzz・・・・・。

それにしても、この写真、メヌエットの寝顔とよく似ています。
エクスプローラ上の小さな写真で見ると、「あれ、これぶぶかな? メヌかな?」
と、Reiや母などと? でした。

「ぶぶ〜。よく寝るねぇ。さぞかし、よい夢を見ているのだろうね」    
ブーレ | permalink | comments(0) | -
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
PROFILE
OTHERS




↑うちのニャンニャたちが
載っているので見てね






















qrcode