P.メルヘン「ごろにゃん日記」

我が家の6匹+1匹の愛猫日記♪in八ヶ岳
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

久しぶりのベッド

ベッドの上のカノンこのカノンの表情をご覧ください。
やっと待望のわたくしのベッドの上で寝ることができました。

ジーグを保護する前は、いつもこうして、わたくしと一緒に
寝ていたのです。

12年間以上も、ジーグにその席を譲っていたわけです。


ジーグには、少しでも長生きしてほしいと心から願っていましたが、でも、カノンには、
そのジーグよりも少しでも長生きしてほしいと思っておりました。

こういう時間が二度とないままに、カノンと別れるのは、カノンに申し訳ないと思っていたのです。

でも、ジーグが逝去してから3日間は、やはりベッドの上に乗ることはありませんでした。
寝室に入っては来ましたが、まだジーグに遠慮していたせいか、ベッドには乗りません。

それが、昨夜やっと、こうしてベッドの上に乗って、わたくしを見つめてくれました。

「カノン・・、ジーグのおかげだよ。これから精一杯こういう時間を持とうね。」
 
カノン | permalink | comments(2) | -

感じ、思う愛猫カノン

話しかけようとする愛猫カノン

 猫については、世間で誤解されていることがたくさんありますよね。
 猫が名前を呼ばれて返事しただけで、「あーっ、返事してる。自分の名前が分かっているんですね!」と、褒めてくださる方もおいでで。さらに疑い深い方は、単に飼い主の声が聞こえたから反応しただけでは?と。「別の猫の名前を呼んでも、返事するのでは?」と。

 もっとひどいのになると、猫は本能はあるけど、いわゆる心の働きはないのではと仰る方もおいでです。

 犬の賢さに関してはよく知られていますが、猫のほうは、かなり誤解をされていますね。 
 この「ごろにゃん日記」を読んでくださっている方は、我が家の猫たちの動静で、実は、人間とコミュニケーションをしっかり取れる動物だとご理解いただけていると存じますが。

 そう、感情のデリカシーに関しては、動物の域を超えて、人間の女性のような繊細な感受性と心の動きをみせるなど、とっても発達していますね。

思いに耽る愛猫カノン この2枚の写真のカノン。どうですか?
心の中にたくさん思いを抱いている表情をしているように見えませんか?
 
 上の写真。妹によれば、わたくしがパソコンに向かっているその背後で、じーっと、この表情で見つめているそうです。
 「時々、振り返ってあげなよ。カノンちゃんは本当にけなげなんだから」そう妹に諭されます。
 たしかに、こんな表情を見せられると、パソコンの手を休めて、しばらく、カノンと語り合いたくなりますね。
 
 下の写真。これは日だまりにただ暖まっているだけなのでしょうが、いえいえわたくしには、何か瞑想に耽っているようにもみえます。
 
 元々は、姉妹のフーガとふたりきり。カノンはわたくしオンリー猫だったのが、奇跡猫ジーグを保護してから次ぎから次へと保護猫が増え、オンリーではなくなって、寂しい思いをさせてしまった猫ですから、もうじき16歳になる今、もっと愛情を注いで、コミュニケーションを濃密にしてあげなければと、反省させられます。

 「カノン、ごめんよ。もっと語り合おうね。愛しているからね。」 

カノン | permalink | comments(2) | -

食欲が増したご長寿カノン

以前カノンの年齢を現在12歳と書いたことがあったかもしれませんが、 実際は1994年4月生まれで、15歳でした。人間の年齢におきかえると、 なんと90歳のご長寿です。 体重も最近は4.3kg程になって、以前の5kgの頃より、だいぶ軽くなっています。 でも、ここ最近、この夏の終わり頃から、食欲が旺盛になってきました。 それまでは、一日に5回以上も催促はするものの、ほんの一口食べて終わり、 という状態だったのですが、最近、よく食べます。ほぼ完食してくれます。 相変わらず、食の嗜好に偏りはありますが、とにかく、その時その時 気に入ったものをよく食べてくれています。 この写真は、その食事の催促をしている時のものです。 わたしがなかなか腰を上げないので、むかついているところです。 「はいはい、カノン様、今少しお待ちを。お好きなものをあげますよ」
カノン | permalink | comments(0) | -

たまには遊んでよ!


八ヶ岳の猫:カノン

ねぇ、kanaちゃん! 
いったい、どうなってんのよ!
毎日、毎日、パソコンに向かってばかり。でなければ、ベッドにもぐってしまう。

今年の梅雨は、晴天日数の多いことで有名な、ここ八ヶ岳でも、雨が多いわね。
だから、つかの間の晴れ間はとっても貴重なのよ。
分かってる?

つまり、その時ぐらいは、「庭に出して!」というわけよ。猫草、食べたいわ。
フーガやメヌやサラちゃんだって、そう思っているわよ。

明日、出してくれないなら、もう、チュッ、してあげないからね。
分かった? kanaちゃん!


カノン | permalink | comments(6) | -

草食べたあとのお顔洗い




↑クリックで拡大 別ウィンドウで開きます

庭にお散歩に出て草を食べると、こうして顔を洗います。
特にカノンは、よくそうします。
お局様だけあって、身だしなみには気を使うようです。(^-^)

で、これはカノンだけに限った事ではないのですが、
お散歩から帰ってくると、必ず、食餌をします。
時間は関係ありません。それに散歩とも言えないような、
単なるひなたぼっこの時でも、つまりエネルギー消費は
殆ど考えられないような時でも、部屋に帰ってくると、
必ず食餌をします。完全にパターン化しているんです。
もちろん、この時も、カノンはしっかり食べました。

「カノン、草食べると、ご飯も食べたくなるの?
それにしても、カノンちゃんは、きれい好きだね。
よくお顔、きれいきれいにするね。えらいね!」
     
カノン | permalink | comments(2) | -

猫草をいっぱい食べるにゃあ〜




↑クリックで拡大 別ウィンドウで開きます

この形相をご覧ください!
高原も春から一気に初夏に向かっています。
猫草も、ぐんぐん伸びて逞しく育っています。

それを、猫草大好きのカノンは、ご覧の形相で
食べようとしているのです。
猫草の森の中に踏み込んだみたいなんでしょうねぇ。
猫の大きさと視界にしてみれば。

「カノンや、好きなだけいっぱい食べるんだよ〜」    
カノン | permalink | comments(2) | -

恍惚のマッサージ



↑クリックで拡大 別ウィンドウで開きます

この恍惚としたカノンの表情をご覧ください。いつものように、今では
すっかり慣習化したReiによるマッサージの様子です。
Reiのマッサージは、時々わたくしもしてもらいますが、とてもよく
効きます。
カノンも、さぞかし気持ちがいいのだと思います。
陽もたっぷり当たっている窓際のこの場所で、Reiさんに優しく
マッサージされて、カノンは幸せです。

「カノンちゃん、Reiおねえさんのマッサージ、上手でしょ。
血行も良くなるだろうし、腎臓の病なんか、吹き飛ばしちゃおうね。」
   
カノン | permalink | comments(2) | -

パンダ、また来たのね



↑クリックで拡大 別ウィンドウで開きます

この23日のお散歩&ひなたぼっこの時のカノンです。
カノンは、必ず、家の回りを一周しないと満足しないので、
特別にぐるっと一回り。文字通りのお散歩です。

そして、草のある場所へ。
そこにやってきたのが、昨日掲載したパンダです。
そのパンダを見つけて、「パンダ、また来たのね」と
見つめるカノンです。

パンダは、どれほどカノンに威嚇されても、
カノンのことが好きなので、そばに寄ってきますが、
リードの長さを計算して、程良い距離に座ります。
でも、時々、目測を誤って、ダッシュで襲われますが。^^;

尤も、最近は、カノンも本気で威嚇するという感じでは
なくなりましたよ。一種のゲームのような感じみたいです。
「カノン、パンダと遊んでみたら?」    
カノン | permalink | comments(0) | -

優しいお顔のカノン様




↑クリックで拡大 別ウィンドウで開きます

ご覧ください! 我が家の大奥総元締め・カノン様の、これはこれは、
お優しいお顔です。
カノンも、実は、時々、こういう優しい、けなげなお顔をするのです。

ですが、今までの疑似一眼デジカメでは、シャッターチャンスがあっても
撮ることができませんでした。
デジカメ一眼レフカメラなればこそ、撮影できた一枚です。

「カノン〜、優しいお顔だね〜、ホントは、カノンはとっても優しい猫
だもんね、ちゃんと、分かっているよ。愛しているよ、カノン」
   
カノン | permalink | comments(2) | -

あれっ、爪が・・・、助けてよ〜!





↑クリックで拡大 別ウィンドウで開きます

座椅子の背もたれの布地は、猫にとっては、爪研ぎ用に最適な感触なのでしょうね。
みんなが、がりがりするものだから、あっちこっち、ケバケバになっています。

特に、カノンは、ここがお好きです。尤も、カノンの名誉のために言っておくと、
ちゃんと、段ボール生地の爪研ぎを、一番よく使っているのがカノンです。

でも、この座椅子に座ると、やっぱり、やりたくなるらしいです。
まあ、それは、猫との同居生活では仕方ない事なのですが・・・、
ご覧のように、時々、カノンばかりでなく、爪が引っかかって取れない状態に。

こちらは、ちょっと様子見で、どうしても自力で取れそうになかったり、
痛がっていたりしたら、助けてやるのですが、でも、わたくしたち人間が
そばにいない(たとえば、食事をしている)時に、こういう状態になったら
どうしているのでしょう? 
たまたま人の居る時だけ、そうなるとは限りませんからね。

痛いのを我慢して、無理にでも、外すのでしょうねぇ。

もちろん、ふだんから、Reiが、爪切りをしてあげてはいるのですけどね。
それでも、引っかかる時もありますから、猫の身支度もなかなか大変ですね。

「カノン、今、取ってあげようね。その前に一枚、パチリ!」     
カノン | permalink | comments(0) | -
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
PROFILE
OTHERS




↑うちのニャンニャたちが
載っているので見てね






















qrcode