P.メルヘン「ごろにゃん日記」

我が家の6匹+1匹の愛猫日記♪in八ヶ岳
<< January 2006 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

カノン、ジーグにちょっかいを出す




末っ子のサラから時々ちょっかいを出されても、少しも怒らないカノン。
でも、このわたくしめをめぐってすっかり天敵同士となってしまった
ジーグには、スキがあれば悪さを仕掛けようとします。
さきほども、わたくしの目の前の出窓に座っていたジーグに、ちょっと
睨みをきかせて猫パンチをくりだそうとしていました。
「カノン! ダメだよ!」とすぐ注意したので、やめましたが。
尻尾はちょっと太くなっていました。

仕掛けられそうになったジーグのほうは、珍しく、警戒の唸り声を上げる
ことはありませんでしたが、場所を移動して、書斎と寝室の間のドアの
前に。
で、今、ドアを開ける素振りをしたので、開けてあげたら、寝室へ入って
行ってしまいました。
ずっと視線をジーグに向けていたカノンは、やっと体勢を入れ替えて、
今は外を眺めています。

カノン、kanaちゃんは、ふたりともいっぱい愛しているんだよ〜。(*^_^*)   
カノン | permalink | comments(2) | -

サラは、カリカリ派




猫のキャットフードと言えば、猫缶とドライ。ドライはわが家ではカリカリと
呼んでいます。そのカリカリ、6匹+1匹の猫達、よく食べます。あんなせん
べいみたいな物が食餌になるのかと思いますが、みんな好きです。
特に、元はウエット派だったパンダが、もうかれこれ1年間位、猫缶を全く
食べなくなりました。新鮮な猫缶でもです。(>_<)

それに次いでカリカリ派なのがサラです。2,3種類の猫缶はなんとか食べま
すが、基本的にはカリカリのほうが喜びます。カリカリならどのメーカーの
どの商品でも食べます。あっ、でも、ヒルズのカリカリは食べてくれません。
いざという時に困るのでなんとか食べさせようとしますが、まだ全く口にしま
せん。(>_<)
それ以外ならOKです。この頃は、「ぽんぽんちゃん」という言葉も覚えた
ので、「チャラ、ぽんぽんちゃん、ちゅきちゅきか?」と言うと、精一杯
大きく口をあけて、精一杯、大きな声で(と言ってもサラの鳴き声は、他の
猫より小声です)、ちょうだいとお返事します。

でも、カリカリだけだと健康に良くないという話も聞きますし……。
どなたか、こうすれば、消極的だった猫缶も、積極的に食べるようになりまし
たよ〜、と、良い情報ありませんかぁ?
サラバンド | permalink | comments(4) | -

ちょっと心配なジーグ




昨年11月19日に3種混合ワクチンを接種してから、ちょっと
体調を崩したジーグ。一時ほどではありませんが、まだ、
食欲が秋の頃の状態に戻りません。夜行性なので、夜中に
ウエットとカリカリの両方をいつでも食べられる状態にして
いるのですが、一日分を残す日々が続いています。
体重も抱き上げるとすっかり軽くなった感じがするので、
昨日計ってみたら、3.7kgまで減少していました。
秋の頃には体調も良く、肝臓の治療薬も減らしていたのですが、
やはり、まだ投薬は必要のようです。

このところふったんがちょっと水を飲み過ぎる感じがするので、
一度腎臓の検査をしたほうがよいと思っていたので、近々、
ふったんを病院に連れていく時にでも、ジーグのお薬も
もらってくることにしましょう。

ただ、本猫は、最近はずっと、みんなのいる書斎にも積極的に
出てくるようになりましたし、よく動き回るようにもなって
いるので、病状が特に悪化しているとは思えませんが、薬だけは
切らさないようにしたほうがよさそうです。

お薬大好きなジーグちゃん! また、毎日飲んでみようね。 
ジーグ | permalink | comments(6) | -

時々お外でネンネ




半野良パンダは、ペンションにお客様がいらっしゃると、駐車場の車で
理解するようですが、その日は夜になっても帰ってきません。
実は、人が寝静まった頃になって、屋根の寝床には帰ってきているよう
ですが、いつもなら、玄関ドアの外にやってきて、中に入れてくれ、
ご飯ちょうだいと催促するのですが、その日は、全く姿を見せないのです。
なかなか賢い猫です。
昨日はそのかわり、帰ってきたら、2日分のご飯(カリカリ)を、食べました。

写真はわが家の庭の辛夷の木です。裸木となった枝々を実に巧妙に、渡り
歩きます。散歩中のわんこの姿が見えると、すぐさま、この木に避難します。
木の上だけは安全ではないと思った時は、この木から屋根に飛び移るのです。

猫なら木登りはだれでも出来るかと言うと、そうでもないようですね。メスの
パンダに思いを寄せて追っかけてくるオス猫なども、登ることができず、下で
にゃあお〜と、恨めしそうにないていますよ。

パンダ〜。何か見えるかな? 
パンダ | permalink | comments(5) | -

接客猫

庭のメヌ


メヌのつり目ショットです。
ススキがあったり猫草があったりしますから、じつは少し前の写真です。秋の終わりですね^^*

今日、メヌたんは小さなお姉ちゃんと弟さんを喜ばせていました。
いいこいいこしてもらいました。ちゃんと接客をします。
愛犬のパピヨン君がロビーを行ったり来たりするのをドアのガラス越しに見て遊びたそうにしていました。

お客さまがお帰りになった後も、「メヌはいい子だったね〜」と褒められると、床に仰向けになってゴロンゴロンをします。

ちょっとつり目がかわいいと褒められたメヌでした。

日記の記述者:今日はRei
メヌエット | permalink | comments(5) | -

叱られたブーレ



ブーレは、わが家の6匹+1匹の猫のうちで、おそらく、一番の
年長者だと推測されます。歯の状態がそれを裏書きしています。
ジーグのあとに保護したのですが、ジーグと同じ長毛種であること、
その動作や行動が類似していること、出現した時期が近いこと、
といった様々な理由から、実はジーグの母親ではないかと、獣医
先生も仰っていました。
そのブーレ、保護した当時から数年を経ているのですが、つい
最近まで、遠慮深くて、自分をあまり主張しませんでした。
食餌なども、「ぶぶ、ご飯食べていいよ」と言うまで、目の前に
置かれた猫缶にも口を出しません。

それが、最近、日中はみんなのいる書斎兼猫部屋に積極的に出て
くるようになりましたし、昨日など、先輩でおっとりしたフーガに
ちょっと悪さをしました。すぐに、Reiに叱られましたが、以前には
考えられなかったことです。

ぶぶはわが家で唯一出産体験をもつ猫なので、そのせいもあってか、
お局様のカノンにも、一目置かれているのですが、それをよいことに
ふったんのような子に、悪さ仕掛けるのはいけません。
完全にわが家に慣れて、わたくしなどにわがままを言ってくれる
ぶんには構いませんが、先輩でしかも性格の穏やかなふったんに
悪さをするというのは、反省させなければなりませんね。

ぶーぶ。ダメだよ。ふったんをイジメちゃ、いけないよ。

でも、おしゃべり猫で、可愛いんですよ〜。(*^_^*)
ブーレ | permalink | comments(2) | -

ふったん、こっち向いて!




このところ、8年間も親しくしなかったジーグが
Reiや母にすりすりするようになったり、わたくしが
抱くと、うーっと小さく唸っていたメヌが、メロメロに
なったり、何かとReiを避けていたサラが、自ら近寄って
いったりと、人間への接し方に大きな変化が表れている
わが家の猫族でありますが、ご覧のふったんも、元々
Reiの猫だったのですが――それは今も変わっていません
が――、最近、やにわたくしにも慣れてきて、そばに
近寄ってくるようになりました。
まあ、わたくしが、「ふったん、ちゅちゅしよう」って、
顔を寄せていくと、右、左と、顔をそむけるのは以前と
同じですが……。(>_<)

この写真、「ふったん、こっち向いて」と呼んで
振り向きざまにシャッターを切ったのですが、ちょっと
可愛く撮れているでしょ?(本当は、超かわゆいと、
思っている。親ばかです)。(~o~)

ふったん、きゃわゆいにゃあ〜。
フーガ | permalink | comments(4) | -

おおあくび

あくびサラ


サラちゃんおおあくび♪
いいなぁ屈託なくて。。。

指を入れたくなる〜(^_^)

前に、猫のヒゲの長さはどうして決まってるんだろう、
という問いに、その猫の顔が通り抜けられる場所かどうかを
ヒゲの長さではかるんだという答えを聞いたことがあるような
気がするのだけども、
家中で一番顔のちいちゃなサラは結構不釣り合いにヒゲが長く、
一番顔のデカいフッタンはサラほどヒゲが長くありません。
(@_@)(?_?)(@_@)

日記の記述者:今日はRei



おまけ
耳の血管
サラバンド | permalink | comments(4) | -

マタタビ大好き!



「猫にマタタビ」とよく言いますが、わが家の6匹+1匹の猫たちを
みていると、マタタビが好きな猫とそうでもない猫とけっこう分かれる
ものですね。猫なら誰でもが大好きというものでもないようです。

写真のカノンは、マタタビ、狂います。母の手からおとなしく舐めて
いますが、袋を出した時からもう早く、早くとせがむんですよ。
以前、机の引き出しに半分ほど入ったマタタビの小袋から、粉が出て
しまった時など、その引き出しをわたくしが開けるたびに、慌てて
やってきて、顔をこすりつけたり、ペロペロ舐めたり、大騒ぎでした。
もう半年以上たって、マタタビのマの字も見えないくらいになり、
人間にはまったく匂いがしない状態になっても、やはり、近づいてきて
狂っていましたよ。^^;

カノン、あとでまたあげるからね〜
カノン | permalink | comments(8) | -

ジーグは抱かれるのが




あまり好きではありません。
尤も、超甘えた猫なんですよ。わたくしが、ジーグが寝ている
寝室の隣の書斎に居る時はおとなしいのですが、
夕食をとりに台所に行くと、とたんに、「にゃあ〜お」と
食事が終わってそばに行くまでの2,30分の間、ずっと
ないて、わたくしを呼び続けるのです。
もちろん、夜はふとんの中に入って一緒に寝ます。

なのに、ご覧の写真のように、抱きかかえると、落ち着かない
様子で、2,3分もすると、体をよじらせて、降ろせと
催促します。

昨日のメヌのように抱かれたまま熟睡するなんていうことは
ジーグの場合考えられません。
甘え方も猫それぞれですね。


ねえ、ジーグ! たまには、腕に抱かれたまま、おネムしてよ〜。

注) わたくし、というのは兄です(記述者) by Rei
ジーグ | permalink | comments(2) | -
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
PROFILE
OTHERS




↑うちのニャンニャたちが
載っているので見てね






















qrcode