P.メルヘン「ごろにゃん日記」

我が家の6匹+1匹の愛猫日記♪in八ヶ岳
<< December 2006 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

カノン、ジャンプ力が衰え始める・・・




↑クリックで拡大 別ウィンドウで開きます

カノンは現在12歳。来年早々には13歳になります。この秋頃からですが、
ジャンプ力が落ちてきたようです。
わたくしの机に、以前なら、なんなく一足床を蹴って上ったのですが、
最近は、背丈の低いファンヒーターに上ります。それも、ピョンというジャンプ
ではありません。両手をヒーターの天板の上にかけて、ヨイショという感じで
ゆっくり這い上がるといった感じです。
そして、ミドルタワーのPC本体にゆっくり移り、それから半身ほど高くなって
いる机の上に両手をかけて、ゆっくり上るのです。

もしかしたら、わたくしがいない時に、机にジャンプして、失敗したことが
あるのかもしれません。頭の良いカノンは、二度同じ失敗は繰り返さないので、
今のような方法を取ることにしたのかもしれません。

ここ最近で特に体重が著しく増えたというわけではありません。事実を、冷静に
客観的にみれば、やはり、脚力の衰えが始まったのでしょう。
その動きを見ていると、胸が痛みます。こみ上げてくるものがあります。
11月の血液検査では、持病の腎機能はやや数値が回復していたのですが・・・。

「カノン、大事に生きようね。カノンのお陰で、ジーグも、ブーレも、メヌも、
サラも、そしてパンダも、みんなが命を救われたようなものなのだから。
元気に一日でも長生きしようね。サポートするからね。がんばろうね、カノン。
心から愛しているよ」
   
カノン | permalink | comments(2) | -

ブーレ、来年も元気で頑張ろうね!




↑クリックで拡大 別ウィンドウで開きます

ブーレは、牙が1本ありません。ジーグの母親ではないかとも思われています。
推定14,5歳ではないかということです。
ちょっと喘息気味です。そんなひどいものではないのですが、時々−−1日に
1,2回、全く無い日が何日か続くこともあります−−軽い発作が起きます。
病院から戴いた薬が効くようで、ちょっと激しい時には飲ませます。
すると、その夜からピタッと止まります。

でも、いずれにせよ、高齢には違いありません。今のところ、食欲は旺盛ですし、
というか、この子も小分けして食べる猫なので、一日、しょっちゅう食べている
感じです。体重はほぼ安定しています。このまま、来年一年も健康に過ごせたらと
思います。元々遠慮猫だったのですが、最近は自己主張もするようになりました。
先日は、おっとりフーガにちょっかいを出していました。でも相手がなにせ、
ふったんなので、さすがに、これは叱りましたけど。

「でも、ぶぶ、いっぱい甘えていいんだからね。遠慮しないで、いろいろ
こうして、ああして、ってね」
    
ブーレ | permalink | comments(0) | -

今日はお昼寝に最高だにゃあ!




↑クリックで拡大 別ウィンドウで開きます

このところ、母親のように慕っている母が多忙なため、なかなか抱っこされる時間もなく、不満が募っているメヌエットです。そのぶん、わたくしのところにやってくる機会が多くなりました。
とにかく甘えたさんなので、誰かのそばにいたがります。
実は今も、このキーボードとモニターの間に、長々と寝そべっています。
机の左側に置いてあるパソコンのほうに寝そべると、ちょうどエンターキーに頭を乗せることになるので、いつのまにか、画面がとんでもないところが開いています。先日など、シャットダウンしてしまいました。

ですから、今のように、わたくしの真ん前に寝そべってくれれば、トラブルは防げるので助かります。・・・左手のにくきゅうを触ってみました。目を覚ましません。もう一度。やっぱり眠ったまま。
本当に、なんの不安もなく、熟睡しています。右側の頬には、冬とは思えない暖かい日差しが当たって、輝いています。可愛いです。あっ、今、ぎゅっと身を縮めました。でも、そのまま眠りに入っていきました・・・

「メェヌゥ〜、ぽかぽか暖かくていい気持ちだよね〜」   


メヌエット | permalink | comments(0) | -

パンダには彼氏が2匹




↑クリックで拡大 別ウィンドウで開きます

パンダには今、彼氏が2匹います。黒白の猫と、白にグレーやクリームがかった色が
混ざり合った形容し難い美猫の2匹です。このうち後者の猫は、首輪を付けているので、
どこぞのお家で飼われているのでしょう。
黒白は完全に野良です。
以前タビと命名した猫も黒白でした。その血筋と思われます。その黒白は、大怪我を
していて、なんとか保護しようとしたのですが、結局、姿を見せなくなってしまい
ました。今毎日のように通ってくる黒白ちゃんは、きっとその子の子供なのでしょう。

そう言えば、2日前に、我が家の脇道を、まだ生後1年位の仔猫が歩いていたのですが、
その子も黒白でした。パンダは避妊していますので、パンダ以外に雌猫がこの近辺にもいるということなのでしょうね。可愛い猫でした。

パンダは、この2匹の彼氏とつきあっているようです。二股かけているんですね。
この1週間ばかりは、黒白だけが顔を見せていたので、雄猫同士、なんらかの争いがあって決着がついたのでしょうか・・・?

写真は、桃の木に登っているパンダです。ここでよく爪研ぎをしています。  
「パンダや〜、きょうは1日雨だから、暖かいお家の中にいるんだよ〜」   
パンダ | permalink | comments(0) | -

サラはやっぱり美猫だにゃあ!




↑クリックで拡大 別ウィンドウで開きます

このところサラの美しいお顔が見えない写真のUPが続きましたので、
久しぶりに横顔をご覧いただきましょう。
こうやって見ると、親ばかですが、やっぱり、サラは美猫ですねぇ。(^O^)

Reiに溺愛されているので、そのあまりの執拗な可愛がり方?に、些か、
ありがた迷惑なサラは、Reiが書斎に入ってくると、さっと、書棚に上がって
避難します。

いじくりまわしたいReiとしてはたいそう不満なのですが、元はと言えば、
Rei自身のしつくいくらいのスキンシップが原因です。
これを解消するには、いじくりまわしたい衝動をグッと抑え、やさしく、
静かに、さりげなく接することを、しばらく続ける必要があるでしょう。

でも、サラは、別に、Reiが嫌いというわけではありません。
特にReiがメヌやふったんを可愛がっていたりすると、いつのまにか、
そばにやってきて、手の届く範囲に座っています。
自分にも、可愛い、可愛いを連発してほしい、と言いたげです。

このふたりの愛情関係の形、どう展開していくのか興味あるところです。

「サラや〜、Rei子さんが、サラのこと、可愛くてたまらないんだってさ。
それは分かっているよね〜、サラは、おりこうさんだもんね」
   
サラバンド | permalink | comments(2) | -

ジーグは、体重減少に歯止めが・・・




↑クリックで拡大 別ウィンドウで開きます

ジーグは、12月4日に定例の血液検査を受けた際ワクチンも接種したのですが、
その副作用で食欲が一時減退しました。それが1週間以上にもわたったので、
体重減少が心配でした。
でも、怖がってばかりもいられないので、現実は現実として受け止めなければと、
昨日17日ぶりに体重測定をしました。そしたら、意外にも、4.0kgでした。
もう3.8kg前後位まで減少しているかと心配だったのですが。ただ、抱いた感触で
3.8kgよりは重いなと感じたので、これはと思いながら体重計に乗って数値を
見たら、4.0kgに。
どうぶつ病院で測定した時は4.10kgでしたので、この17日間で、100gの減少
ということになります。ホッとしました。で、この数日前からは、若干、食欲も
戻りつつあるので、何とか、4kg台をキープさせてやりたいと思います。

「ジグジグ、またたくさん食べて、体重減少をストップさせようね」   



ジーグ | permalink | comments(0) | -

やっぱり、葉っぱがほしいにゃあ〜




↑クリックで拡大 別ウィンドウで開きます

この間の散歩では、目の前で、さらっちに、見事なお手前を見せつけられたふったん。
きょうのお散歩では、やっぱり、せせらぎをのぞき込んで、流れてくる葉っぱを
掴まえたさそうにしていました。

なんとか、せせらぎをまたいて、向こう岸に渡ったふったんですが、やっぱり、
流れてくる葉っぱを見送るだけです。^^;
そのトロさが、ふったんの可愛らしいところ。ホントに、ホントに、ふったんは
可愛げのある天使のような無垢な心を持った猫です。

そう、ふったんを見ていると、たまにゃんちの天使ツギちゃんや、みゆきさんちの
天使トラちゃんを思い出し、姿がオーバーラップします。
我が家のフーガも既に12歳。
みんな、元気で、長生きしてほしいなあ!

「ふったん、葉っぱちゃん、速いねぇ。ふったんには掴まえられないね」   



フーガ | permalink | comments(0) | -

今日もふたりは仲良しさん




↑クリックで拡大 別ウィンドウで開きます

ぶぶとメヌのツーショット。たしか2回目の登場ですね。
前回はおネムの写真でした・・・。
本当にこのふたりは、仲良しです。と言っても、こうして体を寄せ合う光景は
この冬になっての事なのですけれど。
猫という動物の、奥深さを感じますね。何年もそんな事したことがなかったのに、
ある日、突然、そうなるのです。
わたくしは常々そう思っているのですが、猫はきまぐれだとか、わがままだとか、
人になつかないとか、猫同士社会性がないとか・・・、猫にまつわるネガティブな
風評は、猫との共同生活を深くしていると、ことごとく破られていくのですよね。
ですから、簡単に、きめつけないでほしいな、って思っています。
猫という動物、どうしてどうして、奥が深いですよ〜。

「メヌ、ぶぶおばちゃんに可愛がってもらえて嬉しいね」   

other | permalink | comments(2) | -

サラのお耳は透き通っているよ




↑クリックで拡大 別ウィンドウで開きます

昨日の朝Reiが撮影したものですが、どうです? サラの耳!
実に綺麗なピンク色していますね、それに毛細血管がはっきり見えます。

サラの耳は、とても薄いです。ふったんと比べると2分の1以下の薄さです。
ですから、ちょっと逆光で撮ると、こうして血管が浮き上がって見えます。

ここに見える血管の一つでも切断されたら大変な事になるんですよね。
命の儚さというか、無事に生きているだけでも、奇跡に近いようなところが
ありますね。

「サラや〜、綺麗なお耳しているね。血液サラサラでいようね」  
サラバンド | permalink | comments(6) | -

お局カノン様、いいお顔してるね!




↑クリックで拡大 別ウィンドウで開きます

今朝、青い大空だった我が家付近ですが、だんだん雲が広がり始めています。
お日様も隠れてしまいました。
となると、大きな出窓のそばも、暖かいというわけにはいきません。
で、カノンは今、元々メヌが所有していたかまくらの屋根を潰して
その上に乗ってくつろいでいます。
例の座椅子・・・と言っても、低い棚の上に置かれているのですが・・・は、
今はぶぶとメヌが占領しています。

「カノン・・・さっき、アレルギー対応食、食べていたね。朝ご飯にはk/dも
食べていたね。いいこだよ〜。明日はキドニーケア食べようね」
   
カノン | permalink | comments(2) | -
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
PROFILE
OTHERS




↑うちのニャンニャたちが
載っているので見てね






















qrcode