P.メルヘン「ごろにゃん日記」

我が家の6匹+1匹の愛猫日記♪in八ヶ岳
<< July 2009 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

フーガ、レントゲン検査を受ける

フーガの写真フーガは最近、左大腿部のちょっと上の下腹部の毛を、自分でむしり取るクセがついてしまいました。
で、ちょっとハゲた状態にまでなっています。
その箇所にちょっと手を当てると、他の部分より熱をもっているような感じです。

そこを強く触られることを嫌がります。
内臓に何か異変が起きているのでは、とReiも、母も、私も、心配になりました。

食欲はありますが、時によって、食べる量に、ムラがあります。 猫缶を一度に2分の1も食べてしまうかと思えば、催促したにもかかわらず、ちょこっと、口をつけるだけ という時もあります。

休んでいる時の呼吸も荒いのです。

そこで、5月に引き続き、レントゲンを撮ってもらいました。今度はその問題の箇所を中心に。それから心臓も。

待つこと30分。見せてもらった写真に、異常なモノは、映っていませんでした。
腫瘍とか、潰瘍とか、また心臓肥大とか、そういう危機的なモノはありませんでした。

ただ、全体に、老化現象が明らかになってきています。でも、それは事実、老齢期に入ってきているので、 仕方ないところです。
とにかく、緊急に治療開始という事態にならずに済んだので、ホッと一安心です。
が、問題の箇所・・その皮膚のところか、その内側のところかに、炎症がある可能性は高いということで、 炎症止めの薬を飲ませることになりました。

「ふーたん、おくちゅり、イヤイヤちないで、ちゃんと、ゴックンちようね」
フーガ | permalink | comments(3) | -
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
PROFILE
OTHERS




↑うちのニャンニャたちが
載っているので見てね






















qrcode